【マイクラBE1.9.0】様々なブロックなどが追加!/tellrawや/tagなど新コマンドも【BEアプデ解説】

お久しぶりです。Masaです。

前回の1.8から1ヶ月と少ししか経っていないというのに、もうMinecraft ver.1.9がリリースされましたね。ということで今回は1.9の解説をしていきます。


アップデート概要

■試験的なゲームプレイ

  • 略奪者
  • 竹林
  • 新装飾ブロック
  • ScriptingAPI

■新要素

  • 新ブロック
  • コマンド

■変更点

■まとめ


試験的なゲームプレイ

試験的なゲームプレイというワールドオプションがONになっている状態で以下のMobやバイオーム、ブロックが追加されました。

略奪者

敵対Mobで邪悪な村人の1種で、クロスボウを使い村人に襲いかかります。
体力は24(ハート12個分)で、ドロップアイテムはクロスボウです。

竹林

ジャングルバイオームの亜種として竹林バイオームが生成されるようになりました。竹やポドゾルがあります。
またそれに伴い、普通のジャングルにも竹が生えるようになりました。

たくさんの新ブロック

新しい装飾用ブロックが大量に追加されました。
しかし、その中にはJava Editionでしか機能が実装されていないブロックも多くあります。そのようなブロックに関しては、今回はJava Editionのスクリーンショットを用いて機能の解説をしていきます。

まずはランタン
新しい光源ブロックで明るさレベルは15松明の明るさレベルは14なので、1高い(つまり松明よりも明るい)ですね。

松明とは違い水中にも置くことができます。綺麗。

また現時点では、Java Editionのそれとは違ってブロックの横に置いたり縦に連結して設置したりすることができます。

しかしBEではまだレシピは実装されていない為、クリエイティブモードでしか入手出来ません…。今後の更新を待ちましょう。

続いては砥石(といし)
Java Editionでは、このブロックを使いエンチャントされたアイテムから呪い以外のエンチャントを剥がして経験値を回収出来ます。また、エンチャントの掛かっていない武器などの修繕も出来ます。

こちらはまだBEには機能が実装されていません。今後の更新を待ちましょう。

次は
Java Editionではこのブロックは、簡単に言うと1ブロック分のスペースしか取らない便利なチェストです。

こちらもまだBEには機能が実装されていません。今後の更新を待ちましょう。

次はです。
Java Editionでは、右クリックをすることで揺れながら音がなります。

まだBEではこの動作を行えません。今後の更新を待ちましょう。

次は製図台です。
Java Editionでは、地図の拡張や複製、ロックをすることができます。

こちらもBEでは機能が実装されていません。今後の更新を待ちましょう。

次は溶鉱炉
Java Editionでは、鉄や金などの鉱石の精錬がかまどより早くできます。

こちらのブロックもBEでは機能が実装されていません。今後の更新を待ちましょう。

次は燻製器
これは溶鉱炉とは違い、肉などの食料の精錬がかまどより早くできます。

こちらも溶鉱炉同様、BEに機能が実装されていません。今後の更新を待ちましょう。

最後はまとめて、製矢台鍛冶台
これらは現状Java EditionとBEのどちらにも機能が実装されていない為、使用用途が完全に不明です

また何故かBEではレシピが追加されており、現在はそれぞれ製矢台は作業台と矢、鍛冶台は作業台と丸石で作ることができます。

Minecraftスクリプトエンジン(ScriptingAPI)

これは、JavaScriptを使用してスクリプトを作成してBehavior Packにバンドルして、ゲームイベントを監視して応答したり、エンティティが持つコンポーネント内のデータを取得および変更したりと、ゲームのさまざまな部分に影響を及ぼすことができます。
Windows 10でのみ使用可能です。

新要素

  • ヤグルマギク谷間に咲く百合が追加されました。それぞれクラフトをすることで、青と白の染料になります。
  • トウヒ、樺、ジャングル、アカシア、黒樫の看板が追加されました。
  • 新しく滑らかなブロックや大量の階段ハーフブロックが追加されました。
    • 滑らかなブロック

      滑らかな石滑らかなクォーツ滑らかな砂岩滑らかな赤砂岩が追加されました。
      それに伴い、今までの滑らかな砂岩、赤砂岩はそれぞれカットされた砂岩、赤砂岩になりました。滑らかなブロックは、それぞれの元のブロックを精錬することで作ることができます。

    • 階段

      石、苔の生えた丸石、滑らかな砂岩、滑らかな赤砂岩、赤いネザーレンガ、エンドストーンレンガ、花崗岩、磨かれた花崗岩、安山岩、磨かれた安山岩、閃緑岩、磨かれた閃緑岩、苔の生えた石レンガ、滑らかなクォーツの階段が追加されました。

    • ハーフブロック

      石、苔の生えた丸石、苔の生えた石レンガ、滑らかな砂岩、カットされた砂岩、エンドストーンレンガ、花崗岩、磨かれた花崗岩、閃緑岩、磨かれた閃緑岩、安山岩、磨かれた安山岩、滑らかな赤砂岩、カットされた赤砂岩、滑らかなクォーツ、赤いネザーレンガのハーフブロックが追加されました。
      それに伴い、今までの石ハーフブロックは滑らかな石ハーフブロックになりました。

    • 花崗岩、閃緑岩、安山岩、砂岩、赤砂岩、石レンガ、プリズマリン、レンガ、ネザーレンガ、赤いネザーレンガ、エンドストーンレンガ、苔の生えた石レンガの塀が追加されました。

  • コマンド
    • /gameruleコマンドにshowDeathMessagesという新しいオプションが追加されました。
      これを使い、プレイヤーや仲間のMobが死んだときにチャットにメッセージ(死亡ログ)を表示するかどうかを選択できるようになりました。
    • /gameruleコマンドにImmediate Respawnオプションが追加されました。
    • クリエイティブでも/killで死ぬようになりました。
    • /tellrawコマンドが追加されました。JSONファイルを使用して装飾したテキストをチャットに流せるコマンドです。配布ワールド制作者の方には嬉しいコマンドではないでしょうか。
    • Tag(タグ)が追加されました。それに伴い、/tagコマンドが実装されました。/tagコマンドを使用することで、エンティティとプレーヤーにカスタムタグを適用して、より柔軟なセレクタグループを作成できます。
      また、エンティティに指定されたタグがあるかどうかを確認するためのコンポーネントに has_tagというフィルタが追加されました。
      タグにはオートコンプリートを使用することができます。
    • /functionコマンドを介して実行されるコマンドの数が、パフォーマンスの問題を制限するために新しいゲームルール(デフォルトは10000個)で制限できるようになりました。
    • 更新ループを作成するたびに、/functionコマンドを実行できるようになりました。

変更点

  • 読み込み画面にコミュニティによって提案されたいくつかの新しいヒントとトリビアが追加されました。
  • 飼いならされた動物が死亡したときに通知がチャットに送信されるようになりました。
  • トリップワイヤーフックが、ハサミ以外で壊されたときに作動するようになりました。
  • ファンクションコマンド使用時のパフォーマンスの向上。彼らは現在、世界の読み込み中にあらかじめコンパイルされています。
  • 大釜に溶岩を入れられるようになりました。
  • 一時停止メニューに新しいフィードバックボタンが追加されました。Minecraftフィードバックサイト、MoJiraバグトラッカー、Mojangサポートへのリンクが表示されます。
  • ゲーム内の設定メニューから遊び方ボタンを見ることができるようになりました。
  • マイナーバージョン(1.○.xのxの部分)が違うエディションでプレイされたワールドで遊べるようになりました。

まとめ

着実にVillage and Pillageの機能が追加されてきていますね…!様々なコマンドや Win10版限定ではありますがScriptingAPIも実装され、技術的にも良いアプデだと思いました。といったところで、それではまた次回のアップデートでお会いしましょう。


参考にさせて頂いたサイト
公式チェンジログ
公式Wiki(英)


前回(1.8解説)↓

次回↓
更新をお待ちください。