スキンの64×64と64×32の違いって知ってる?【スキン講座】

はじめに

こんにちは、ライターのレイです。

皆様はスキン配布サイト等で64×64 64×32 という文字を見たことがありますか?

一体なんなのか、不思議に思う人もいるかもしれません。そして、多くの人は読み飛ばすことだと思います。

実はこれは、スキンのピクセル数なんです。

今回は、このスキン作成における重要な要素、「ピクセル」についての紹介をしようと思います。

豆知識  ピクセルとは…?

コンピューターで画像を扱う時の、最少単位のことです。

パソコンやスマートフォンで、画像を見ることができると思いますが、それらを拡大して行くと、一つ一つのマス目になっていて、色が分かれていることがわかります。この小さいますが1ピクセルで、ピクセル数が多い方が、基本的には画質の良いものになります。

比較

この二つが、それぞれ 64×64 64×32 のスキンとなります。

どちらがどちらだかわかりますか?

小さくて、よくわからないかもしれませんが…

正解は、上が 64×64 のスキン、下が 64×32 のスキンです。

なんの変哲も無いスティーブ君のスキンですね。


64×64 のスキンは 頭 体 腕 脚 がそれぞれ別々のレイヤーでできています。

ですので、この上から 「帽子」「ジャケット」 などの新しい要素を含めたテクスチャも書くことが出来ます。

つまり、後者のスキンよりも拡張性が高く、カスタマイズがしやすいということです。

海外サーバーなどで見かけるような、ジャケット付きのスキンは、 64×64 のスキン、ということですね。

つまり・・・?

別々のレイヤーにできているということは、後からレイヤーをかいつまんで編集したり、レイヤーの上から新たな要素をかぶせるのがとても楽、ということになります。

64×32 で、同じレイヤーに書かれてしまっている、ということは、新たな要素を追加したくても、既存のデザインを上書きするしか無いということになります。

逆に64×32は 透過された所を含めて64×32のピクセル数で作られています。

こちらは帽子のテクスチャしか追加で書くことができません。

さらに言うと 腕は両腕共通のテクスチャなので、片腕ずつ模様の違うテクスチャは作成できない、ということになります。

DLしたり、新たに作成する際は拡張性が高い、64×64の方がいいかもしれませんね。

終わりに

短いですが、今回の記事は終わりです。

ダウンロードスキンにしろ、自分で作成するスキンにしろ、拡張性が優れているのは、「64×64」のスキンということがお分かりいただけましたか?

自分が使っているスキンはどちらなのか、確かめて見てはいかがでしょうか!

この記事でスキンのことについて学べたな、と思ったら、もしよければ記事のシェアや、Twitterのフォローなどもよろしくお願いします!


次回↓
更新をお待ちください。