実用的!村人交易所の作り方【第6回応用レッドストーン講座】

こんにちは。今回は簡単に村人の整理が出来る、トロッコ式の交易所を紹介していきます。

ただし作る前に注意してほしいのですが、この回路はコストが重い(主に金をよく使うため)上に、村人を生み出す装置を作っておく必要があるので、サバイバルで作りたいという方はそれなりの覚悟をしておいてください


前回の記事はこちら!

・作り方

冒頭でも言いましたが、村人が湧いて出てくるような環境が揃っている、という前提で話を進めていきます。

まず、下の画像の様にレールを1ブロックおきに置いていきます。ここは後に、最初の画像にあるハーフブロックの位置になるので、周りの広さなどの周辺環境に合わせて場所を決めてください。レールの数は並べる村人の数になりますのでお好きなように。

そしたら、次に方角を調べます。レバーを床(地面)に、上の画像でいう横向きに置きます。

ここで、レバーの向いた方向に向かって村人が流れていきます。つまり上の画像の場合は左からです。どうしても反対向きに流したい場合は、最初の配置からやり直してください。

次に下の画像の様に、村人を置く側に縦に3、4、3マスずつ掘り、レール側から順にレッドストーン、レッドストーン、レッドストーントーチを置いていきます。

そしたらトーチの1つ上の高さで蓋をして、レール側から順に感知レール、加速レール、レールの順に置いていきます。
※絶対にトーチの横にはブロックを置かないようにすること

これを最初に置いてあるレールの分だけ全部やります。

次に下の画像の様にレールを敷いてレッドストーンブロックを置き、

最初に置いたレールを外してハーフブロックを置きます。

ここまで出来たら半分くらい完成しています。ここから村人を留めておく機構を作っていきます。

下の画像のように仮のブロックを置いて下付きのトラップドアを置き、仮のブロックを外します。

次にトラップドアの2マス上の高さにブロックを置いていき、トラップドアの上にボタンを設置していきます。ボタンを設置してないブロックは壊しても問題ありません。

これで上流の方(今回は左)から村人が流れるようにして、下流の方からどこかに繋げれば機構としては完成です。

後は好きなように装飾してください。

・使い方

この装置は、村人が流れて来たら上流側から自動で収納するようになっていて、溢れるとそのまま流れていきます。

村人を解雇 もしくは引っ越しさせたいときは頭の上のボタンを押してあげると次の空き部屋に移動します。空き部屋が無くなると例によって流れていくので、後は煮るなり焼くなりお好きなように。


ワールドのダウンロードはこちら


いかがでしたか?今回は今までの物に比べるとかなり実用的なものを紹介しました。
レッドストーンと言えばロマンがほとんどですが、たまーーにこういったサバイバルでも役立つ(かもしれない)回路を紹介していきたいと思ってます。

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。それでは。


前回↓

次回↓
更新をお待ちください。