実際にPlugPEを使ってみた!?#2【懐かしい】

 はじめに

みなさんこんにちは!Aqnecoです。まさか二日連続PlugPEについてとは思っていなかったでしょう!?

実は記事のストックがやばくて急ピッチで仕上げているのです。ネタがこれくらいしかなかったゆえ、仕方ない。

今回は実際にPlugPEを使ってやろうじゃないの!という記事です。

前回、このアプリを使うとVPNを利用してマルチプレイができるということがわかりましたので、使ってみましょう。

手順

ホスティング設定を行ってから、VPNに接続した状態でMineCraftを開くようです。ここは特に前の仕様と変わっていませんね。

では、このVPNに接続した状態で、自分のワールドを開いてみましょう。

ここで注意しなければならないのは、

PlugPEをバックグラウンドで起動させながら行う。

Wifiに接続する。

フレンド接続をONにして、 LANからの接続をONにする。

これをしておかないと、PlugPEアカウントがワールドに入ってくることができません。

 

さて、ワールドを開くと、ほぼノータイムでPlugがワールドに入り、こんなチャットを残していきます。

(すぐにPlugが入ってこなかった場合、何らかの手順を間違えている可能性があります。前の記事を参照して、一度やり直して見ましょう。)

いまいち英語で掴みづらいですね、翻訳してしまいましょう。

 

コンフィグの設定がロードされました。

コマンドリストの表示の場合は「h」と入力。

あなたのサーバーは、Bluetooth、Localhost。

/setmaxplayersコマンドを利用して、プレイヤーの人数を制限しましょう。

はい。まあ、現状の設定などの確認ですね。

/setmaxplayersは、BEバニラのコマンドなので、これで人数は制御してね、私たちではサポートしないよ、ということでしょう。

そしてすごいのは、VPNの技術によって、多少MineCraftを終了させて他のことをしていたとしても、PlugPEの再起動なしでノータイムで入ってきてくれるようになりました。これに関してはありがたすぎる進化。

昔、「おしゃべりマルチ」という、UUUMさんが提供していたマルチサーバーアプリがありまして、ここでPlugを利用していて、途中で不安定になり利用できなくなると再起動の利用があり非常に面倒だったのですが、そんな心配もなくなりましたね。(おしゃべりマルチも無くなってしまいましたけどね、というブラックジョークです。)

使用可能なコマンド

前回学んだ、ヘルプコマンド(.h)を利用して、使用可能なコマンドを全て調べて見ました。

少し試してみたのですが、いわゆるgiveコマンドに相当した「.g」などは、バニラコマンドの登場により消滅した模様です。

 

ヘルプページ1


.sp プレイヤーの権限を設定します。

.l プレイヤーのリストを表示します。(/listに相当します。)

.i ゲームワールドにお知らせを表示します。

.c プレイヤーの座標を表示します。

.lo プレイヤーを座標に固定します。

 

ヘルプページ2


.in 透明化する。

.kick プレイヤーをキックします。

.ban そのプレイヤーのデバイスをBANします。

.unban そのプレイヤーのデバイスのBANを解除します。

.h ヘルプページを表示します。

 

ヘルプページ3


.msg プレイヤーにプライベートメッセージを送ります。

.chat プレイヤーとプライベートチャットを行います。

.fr プレイヤーにフレンドリクエストを送ります。

.fa フレンドリクエストを許可します。

.v ボイスチャットの切り替えをします。

 

ヘルプページ4


.vl ボイスチャットに参加している人のリストを表示します。

.va ボイスチャットリクエストを許可します。

.vd ボイスチャットリクエストを拒否します。

.vv ボイスチャットのボリュームを設定します。

まとめ

いかがでしたか。

PlugPEをお互い使っていることが条件であるコマンドも多々あり、「PlugPE」でしかできない、というコマンドは、バニラコマンドが追加されたことによってだいぶ減少したように思えます。

ですので、今からあえて240円払って手に入れるのが賢明かどうかと言われればわかりません。

 

・PlugPE では、VPNを利用してサーバーを保護し、コマンドを利用できる。

・お互いが利用していれば、ボイスチャットやフレンド機能が利用できる。

・独自IPによるマルチプレイができる。(未検証)

 

が、現在でのPlugPEの概要と言えそうです。Bluetoothでマルチプレイができるのは確かに大きいかも。しれません、飛行機内でも利用できますしね。

しかし、XBOXのフレンド機能なども充実している今、利用価値は徐々に減少していますので、どうしても興味があるのみ、ぜひダウンロードしてみてくださいね。

Plug for MineCraft についての記事は今回にて終了ですが、その他のアプリについて、このアプリの開発者さんは、NBTエディタに準ずるようなものも開発していらっしゃいますので、それについてもまた記事を執筆しようと思います。


最後までご購読ありがとうございました。

もしよければTwitter、Discordへのジョインもよろしくおねがいします。

それではまた!