《BE1.9.0対応》表現の可能性を大きく変える!/particleコマンドを解説【初級コマンド講座 #14】

どうも、初級コマンド講座第14回です。

今回は、v1.8.0の新要素/particleコマンドについて解説していきます。
マイクラBEにも、コマンド勢待望のパーティクルがついに!と思いきや、1.8.1時点では用意されているパーティクルはかなり少ないです。

自作のパーティクルを追加することもできますが、それにはリソースパックの知識が必要です。パーティクル追加に関しては以下の記事で解説されていきます。ぜひこちらも併せてお読みくださいね。

ということで、今回は/particleコマンドの使い方と、マインクラフト側で用意されているパーティクルの紹介になります。

前回の初級コマンド講座はこちら!

1.パーティクルとは

まずは簡単に、「パーティクル」というものについて説明しておきましょう。

マインクラフト上でのパーティクルは、主に視覚上での演出のことを指します。例えばスプラッシュポーションを投げた時にでるもやもやはパーティクルの一種なんです。

これ以外にもパーティクルは多用されていますが、その紹介についてはここでは割愛します。
/particleコマンドでは、こういったシステム上で出されているものとはまた違ったパーティクルを出すことができます。

2./particleの使い方

/particleコマンドは、構文自体は単純です。
まずはその構文の解説です。

指定した座標にパーティクルを出すコマンド

/particle [座標x y z] [パーティクルID]

(座標は相対座標・向き相対座標も可/パーティクルIDは決まった文字列/入力時[ ]は不要)

指定した座標から、パーティクルIDで指定したパーティクルが出現します。
しかしパーティクルIDはコマンドの補完には出てこないので、ここではマイクラ側で存在するパーティクルIDの一覧を書いておきます。

1.9.0時点で使えるパーティクル
(クリックして表示)
パーティクルID 注意点
minecraft:test_mule
minecraft:test_bounce
minecraft:test_highrestitution
minecraft:test_smoke_puff
minecraft:test_sphere
minecraft:test_spiral
minecraft:mobflame_emitter 時間経過で消えません。ワールドに入りなおすことで消えます。
minecraft:test_linearcurve
minecraft:test_combocurve
minecraft:test_colorcurve
minecraft:test_catmullromcurve
minecraft:test_beziercurve
minecraft:test_watertest β版1.9.5では、水の中でないとこのパーティクルが出現しません。
minecraft:balloon_gas_particle
minecraft:basic_crit_particle
minecraft:crit_emitter
minecraft:bubble_column_up_particle 水の中でないとこのパーティクルは出現しません。
minecraft:bubble_column_down_particle 水の中でないとこのパーティクルは出現しません。
minecraft:end_chest かなり小さいパーティクルなので出現してもわかりづらいです。
minecraft:evocation_fang_particle
minecraft:evoker_spell
minecraft:magnesium_salts_emitter
minecraft:mob_portal かなり小さいパーティクルなので出現してもわかりづらいです。
minecraft:mobspell_emitter
minecraft:portal_directional かなり小さいパーティクルなので出現してもわかりづらいです。
minecraft:portal_east_west β1.10ではこのパーティクルは出現を確認できませんでした。
minecraft:portal_north_south β1.10ではこのパーティクルは出現を確認できませんでした。
minecraft:splash_spell_emitter
minecraft:totem_particle
minecraft:water_wake_particle
minecraft:water_splash_particle
minecraft:wither_boss_invulnerable
minecraft:test_flipbook
minecraft:test_vertexrandom

コマンドを実行してもパーティクルが出現しない時は、まずはパーティクルIDを間違えていないかを確認してください。/particleコマンドはパーティクルIDを間違えてもエラーはでませんので、まずはパーティクルIDの間違いがないかを確認してください。

また、β版1.10にしている場合はワールド設定の「試験的なゲームプレイを遊ぶ」を有効にしないとパーティクルが出現しませんので、注意してください。

またβ版でなくても、アドオンで追加したパーティクルは試験的なゲームプレイを有効にしないと出現しません。さらに、未検証ではあるのですが既存のパーティクルにも、試験的なゲームプレイを有効にしないと使えないものがあるかもしれません。

ちなみに、今後パーティクルIDは変更される可能性があります。β1.10ではすでに一部パーティクルのIDが変更されていますが、本実装されるまでは紹介はしませんのでご了承ください。


今回は、v1.8.0での新要素/particleコマンドについて解説しました。
β版では多くのパーティクルがデフォルトで用意されているので、今後のアップデートに期待したいところです。

では、閲覧ありがとうございました。


前の講座↓

次の講座↓
更新をお待ちください。