#2 屋根を組み合わせ最高の建築を【こうの建築講座】

皆さんこんにちは、こうです。
今回は、前回紹介した様々な屋根を利用する、建築のコツを紹介していこうと思います。

前回の記事はこちら!

〜切妻屋根を並べて〜

こちらは、切妻屋根を2つ組み合わせ作ったものになります。マイクラのブロックは基本的に正方形のブロックが多く、屋根などの先端を尖らせるのは難しいのですが、石の壁やフェンスを使用して装飾することによってより尖らせることができます。

〜様々な屋根を組み合わせて〜

こちらは切妻屋根に片流れ屋根を取り付け、その先に塔を建て、とんがり屋根を取り付けています。西洋風の建築をするときには立体的なものが多いと思うので、情報量を多くすることを意識してみるのもいいと思います。

〜ドーム型の屋根を取り付けて〜

こちらは寄せ棟屋根にドーム型の屋根を付けたものになります。先の方を敢えて作らないことにより、柔らかい印象になります。

〜既存の屋根の角を削って〜

こちらは少し特殊で寄せ棟屋根を基本にしていますが、道の角に当たるところを斜めに削っています。少し難しいテクニックになりますが、これを使えるようになることによって、建築のレベルが上がると思います。

〜単調なイメージに工夫をして〜

こちらは基本的にな切妻屋根になりますが、屋根の端にあたるブロックを変える(この画像の場合はレンガ→石レンガ)ことによって単調なイメージから脱却できると思います。

〜間取りを変えて〜

こちらは切妻屋根を縦横に繋げたものになります。これを使うことによって、長方形ベース以外の建築ができるようになります。

〜派手な装飾を加えて〜

こちらはドーム型屋根ととんがり屋根を縦に組み合せたものになります。お城などを作る時は、このようにいつもより派手に装飾することで、より城らしくなると思います。


さて、ここまで様々な屋根の組み合わせや建築のコツをご紹介しました。しかし勘の良い方は、「クォーツの壁とかフェンスってなかったよね?」と疑問に思う方もいるかもしれません。これらの屋根は、テクスチャも使用して建築をしています。テクスチャについてはリソースパック講座を参考にして下さいね。

それでは今回はここまでになります。次回は何をしようか迷っていますが、今のところは、壁の装飾か窓の装飾の紹介をしようと思います。それではまた次回。


前回↓

次回↓
更新をお待ちください。