texturesフォルダなどの内容物まとめてみた【第4回リソースパック講座】

初めまして、ライターのちゅろすです。

前々回、リソースパックの中にはたくさんのフォルダがある事を話しましたが…まさかこんなに期間があくとは思わなかったので前々回の記事はこちら!

ついでに前回の記事もどうぞ!

では改めまして、今回は最低限分かっていればテクスチャパックを作る事ができるtexturesフォルダの中身を紹介していきます。

texturesの中身

たくさんありますね…頑張っていきましょう!

texturesフォルダの中身

○blocks

マインクラフトのブロックをおおよそ全てまとめたものです。

土や原木、石や作業台なんかも全部このフォルダ内でまとめられています。

※例外:ブロックエンティティと呼ばれるもの(ピストンのアーム部,チェスト,シュルカーボックス等….)

○items

マインクラフトのアイテム関係(例…棒や木の剣など)をまとめたものです。

○entity

マインクラフトのmob等の俗にエンティティやブロックエンティティと呼ばれるものがまとめてあります。

エンティティやブロックエンティティについての説明はこちらに書いてあるので割愛させていただきます。

ゾンビ,一部のブロックエンティティ,矢 等がこのファイルで変更できるものになっています。

例)…entityで変えられるテクスチャ、ただしピストンのアーム部はこちらで変えられるがピストンの本体やアームの根元部分等はBlocksでないと変更できない

○painting

マインクラフトの大中小全ての絵画の画像が入っています。

○particule

マインクラフトのパーティクルについてまとめてあります。

パーティクルってなに?

パーティクルとは松明の煙やポーションを飲んだ時に出るモヤモヤ、水しぶき等がパーティクルになります。

○gui

マインクラフトのプレイ中にプレイヤーを動かすための十字キーやジャンプボタン等の画像が入っています。

ui

マインクラフトを始める時に押すボタン等の画像です。

例:遊ぶ,実績,等のタイトル時などに押すボタンの画像

○colormap

マインクラフトのバイオームによって色が変化するブロックの色を決める画像が入っています。

バイオームによって色が変わるブロックの対象は

・草ブロック

・葉っぱブロック

・蔦

になります。

○misc

・かぼちゃを被った時の自分から見た視点のテクスチャ

・そのブロックに割り当てられる画像がない場合にに表示されるテクスチャ

・エンチャントされているアイテムの揺らぎのテクスチャ

が入ったファイルです。

○models

中にはarmorというフォルダがあり、その中に防具系統がまとめられています。

○environment

えんびろんめんと…環境って意味らしいです(笑)

太陽や月、ブロックを壊している最中のテクスチャ等がまとめられています。

フォルダ以外のもの

ここまでtexturesフォルダの中の色々なフォルダについてを説明してきました。残るはテキストエディタで内容を変更するjsonファイルととpng画像のものだけになります。

今回は詳しい解説はせずにそれぞれがどのような役割を持っているかを説明します。

jsonファイル

○terrain_texture.json

どのブロックにどのファイルの中にある画像を適用させるか。を決めるjsonファイルになっています。

また、ブロック毎に表面に指定した色を乗算でかけることも可能です。

○flipbook_texture.json

ブロックにアニメーションを追加したり、そのアニメーションの速度、画像ごとに動かす順番を決めるjsonファイルです。

○item_texture.json

どのアイテムにどの画像を適用させるかを決めるjsonファイルです。

pngにつきましては次回以降の紹介になります。今回は以上となります、お疲れ様でした。

前回記事↓

次回記事↓